sato-fujiiro.com

転職して1年…退職から病み期をどう乗り越えたか

霞城セントラル24階から。もうすぐ春ですね。

こんにちは。

元ヒキニートです。

今月で丁度、再就活が終わってから1年が経ちます。

去年の4月からの記事を読み返してたら、めっちゃ沈んでますね(笑)

最近日記をほとんど書いていなかったので改めて去年の就活のあたりの振り返りです。かなり長い自分語り日記なので興味のない人はイラストメイキングでも見てブラウザバックしてください。

貯金がなくなり雇用保険をもらってました

最近なんか差額の支給云々で話題になってますね。

厚労省のサイトに対象やもらえる目安の金額が載っていましたが、平均1,400円らしいです。1,400円…

ということで、その当時、貯金をほとんど使ってしまい観念してハロワ行きました。

前の職場の退職理由は一応「契約期間の満了」だったため会社都合の退職で、すぐに就職活動を始めていれば雇用保険の受給があったのですが、すぐに雇用保険の手続きはしていませんでした。

なんせ辞める直前に新入社員が手厚く迎えられているのを見たり、既にデザイナーの募集が始まっていたり(その時デザインがさっぱりできなかった)、アットホームな職場で輪に入りきれなかったりでメンタルつぶれてぺったんこだったんですね。自分要因ではありますが。。。

今だったらイラスト描けます、簡単なデザインできます、WEBコーディングできますぐらい言えるんですけどねーほんとどん底だった感じあります。沈みに沈んでて行動できる感じじゃありませんでした。

家でもなんで雇用保険もらわないんだ家にいるなら飯作れなんで働かないと居場所のなさがすごい。家怖い。

立ち直ったきかっけは職業カウンセラーの方に話を聞いてもらったこと

端的に言うと、職業カウンセラーの方と「これまでやってきたこと、表彰されたこと」などの棚卸をしたことが立ち直るきっかけでした。

自己肯定感激低スキゾイドから自己万能感消したらもう空っぽですよね。何もない、やりたいことがわからない、何が好きなのかもよくわからない。(でも三国志は読んでた)

とりあえずお金もらえればいいやと思ってたのが1番だったこともあり、自分の前職とはかけ離れた内容の職業訓練の説明会を受けまくってました。

それを見ていたハローワークの担当の方から一度カウンセリングを受けるよう提案してもらい、めんどくさいなと思いながらカウンセリングへ。

ここで前職、大学、中高生までさかのぼり棚卸しをしました。
うまく言えませんが、「何もなくはなかった」ということがわかりました。

そこで結構急になんですが、視界が晴れたような感覚になり就活を再開できたような感じです。

要項に「WEB更新できる方」と書いてあったところに飛び込み今に至ります。

そして今、再就職して1年になるところ

一応うまくいってます。趣味も持ってるし、めっちゃぴんぴんしてる。

ただ最近受けた健康診断では「生活習慣見直しましょう(≒痩せろ)」という結果になって要観察判定ですが(笑)

経験者とのこともありチラシやWEB周りの仕事を回してもらっていてありがたいばかりです。

ツイッターでスキゾイドやHSPという言葉も知り、一人でいることが必要な人が世の中に結構いるということを知れたのも大きいですね。知識を手に入れることは本当に大切だと思いました。

そして、自己肯定感の低さをマウントを取ることによって埋めるのはやめようと決意していますので、だいぶ性格も以前よりソフトになったと感じています。(なったかな?)

またこれから暖かくなって日も長くなるところですから、次の桜の時期が待ち遠しいところです。

長くなりましたがここらへんで。

痩せます。

では。

スポンサーリンク

最終更新:2019.03.08

スポンサーリンク

管理人

おさと(Sato Fujiiro)

黙々と一人で作業することが好きな出不精。デザイン・ウェブ業務経験者。宅飲み派。

詳しくはこちら

Follow me!
(ほぼフォロバします)